手軽に行なうマウスピース矯正で歯並びの悩みを解決だ!

治療

値段と効果のバランスとは

女性

お金がかかるのは事実

虫歯などの理由で歯が欠落してしまった方の選択肢の1つに、インプラント治療が挙げられます。欠落した歯の治療方法としては、入れ歯治療の他にブリッジなど複数の選択肢が存在しています。数ある治療方法の中で、インプラント治療は基本的には自費治療で、歯1本あたり30万円以上の費用が必要になることもあります。この値段だけを見ると治療をためらってしまう方もいるかもしれませんが、値段だけで判断するのではなく、それだけのお金を払う価値があるか考えることを忘れてはいけません。安い費用で押さえたいならば、入れ歯治療が最適です。ですがインプラント治療の場合、費用は高くても、他の天然歯と同じように使用して、硬い食べ物でも今まで通り食べることが可能です。

亡くなるまで使った方多数

費用をかけてインプラント治療を行ったとしても、耐用年数が短ければ、損をしたと考える方もいるかもしれません。ですが、インプラント治療による人工歯は、10年以上の耐用年数となっているので、手術をした後は長持ちします。実は、インプラント治療の人工歯を患者さんが亡くなるまで30年以上使い続けたという症例も見られます。つまり、初期費用がかかったとしても、定期的なメンテナンスをかかさず行うことによって、長く使い続けることが可能です。メンテナンスと言っても、歯医者で定期検診を受けたり、毎日の歯磨きをかかさないというそれだけのことです。ちょっとの努力で、長く持たせられるのもインプラントならではの特徴です。